体内で発生する活性酸素は老化の原因になる?

健康と美容の大敵

女性

抗酸化物質を摂取しよう

活性酸素は生きていくために必要なものですが、増えすぎると人体にさまざまな悪影響を及ぼします。よく知られているのは、動脈硬化のリスクを高める点です。動脈硬化は酸化したLDLコレステロールが元凶ですが、酸化させる犯人が活性酸素です。動脈硬化になれば、さまざまな生活習慣病にかかる可能性も高まります。最近では、認知症のリスクも高めることが分かってきました。また、美容にも悪影響を与えます。シミやシワやソバカスなど、さまざまな肌トラブルの引き金にもなります。老化を早めるので、女性は何が何でも活性酸素を増やさないようにしたいでしょう。活性酸素の増殖を抑えるには、抗酸化物質をしっかり摂取することが重要になります。抗酸化物質は、緑黄色野菜や果物に豊富に含まれています。しかし、十分な量を摂るには毎日何百グラムも食べなくてはいけません。それは、簡単なことではないです。現在では、抗酸化物質を含むサプリメントを利用することが推奨されています。活性酸素を除去するのに役立つサプリメントの筆頭は、ビタミンCとビタミンEです。とくに、ビタミンEはさまざまな美容効果が得られることから、多くの女性に支持されるようになりました。ちなみに、最近ではアーモンドにビタミンEが豊富なことが知られ、サプリメント感覚で摂取する女性も増えています。ビタミンCとビタミンEのサプリメントを中心に、ポリフェノール系のサプリメントも摂るようにしましょう。